こんぽ

記事一覧(15)

「Kiwi Monitor」Version1.3.5を公開

2019-05-10に「Kiwi Monitor」のVersion1.3.5を公開しました。このバージョンでは以下の修正と変更を行いました・【修正】すべてのバージョンにおいて、緊急地震速報のキャンセル報が発表されてから3分間、ソフトウェアが強制終了し、再度起動できなくなった不具合を修正しました(「指定された引数は、有効な値の範囲内にありません。」というメッセージのエラーに該当)。・【変更】緊急地震速報のキャンセル報に正式に対応できるよう処理を変更しました。・【変更】緊急地震速報のキャンセル報を受信した際、緊急地震速報の情報欄に「緊急地震速報は取り消されました」というメッセージを表示するように変更しました。・その他の細かな修正2019-05-10 08:51頃から約3分間、起動中の本ソフトウェアが強制終了する、または新しく本ソフトウェアが起動しない不具合が発生しました。これは、強震モニタから取得していた緊急地震速報電文に「キャンセル報」が含まれており、強震モニタ側でキャンセル報の場合の最大震度が「震度0」に仕様策定されていることがこれまで分かっていなかったため、震度データをこのソフトウェアで正常に処理できなかったことが原因でした。なお、少なくとも作者が認知している約5年間において、強震モニタが「キャンセル報」を配信したのは初めてのことです。これまでは気象庁が緊急地震速報のキャンセル報を発表しても、強震モニタ経由ではキャンセル報を受信することが出来ませんでした(そのため、本ソフトウェアではキャンセル報の発表を「推定」して処理を行っていました)。今回の不具合により、強震モニタ経由でキャンセル報を正しく受信できることが判明したため、その点に関連した変更も今バージョンで行いました。本ソフトウェアでは緊急地震速報の情報を、強震モニタサーバ経由で取得しています。そのため、強震モニタ側で今回のような仕様の変更がほかにあった場合、再び強制終了する可能性があります。ご了承ください。強制終了の事実を把握した場合、できるだけ迅速に修正版を公開します。本ソフトウェアでは多いときで2000人ほどの利用者がいます。もし毎秒2000アクセスを捌けるような緊急地震速報APIがあれば、そちらの方に乗り換えることも今後検討していく必要がありそうです。ダウンロードは「Download」メニューより行えます。

「Kiwi Monitor」Version1.3.3を公開

2019-04-14に「Kiwi Monitor」のVersion1.3.3を公開しました。このバージョンでは以下の修正と変更を行いました。・【修正】強震モニタから緊急地震速報データを取得する際、データサイズが0であるとソフトウェアが処理を正常に行えずエラーで強制終了する不具合を修正しました(「オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません。」というメッセージのエラーに該当)。・【変更】エラーログを保存する際、ポップアップウィンドウを付随して開くようにしていましたが、ウィンドウを閉じる操作をするまでウィンドウが毎秒開かれ続ける不具合があったため、ポップアップウィンドウを表示しないよう変更しました。・その他の細かい修正特に4月以降、ソフトウェアが強制終了することが多くなっております。申し訳ありません。また、この強制終了に関連して多くの不具合報告メールを頂いております。お忙しい中のメールありがとうざいます。すべてに返信することは出来ていませんが、すべてのメールに目を通しておりますので、今後もぜひ報告をいただければと思います。なお現在、緊急地震速報関連の処理においては強制終了を防ぐことに重点を置いて作業を進めているため、現時点で画像描画などが正しく行われないケースがあります。予めご承知おきください。ダウンロードは「Download」メニューより行えます。

「Kiwi Monitor」Version1.3.1を公開

2019-03-28に「Kiwi Monitor」のVersion1.3.1を公開しました。 きょう頃からKiwi Monitorが頻繁に強制終了するようになったとの報告を頂いています。原因について「強震モニタからデータを取得する際にKiwi Monitor側がデータ処理を適切に行えなかったため」と特定できましたので、正常に処理を行えるよう修正を行いました。 このバージョンでは以下の修正と変更を行いました。・【修正】強震モニタからデータを取得する際にKiwi Monitor側がデータ処理を適切に行えずソフトウェアが強制終了することがあった不具合を修正しました。・【修正】サブウィンドウを1度も開かずにソフトを再起動したとき、サブウィンドウの位置とサイズが初期値に戻っていた不具合を修正しました。・【修正】タイムシフト設定において、バーを動かすと強震モニタ関連の処理が停止することがあった不具合を修正しました。・【修正】地点選択の市町村検索において、ボックス内の選択項目の1つ下の市町村名で検索されていた不具合を修正しました。・【修正】キー送信において、ウィンドウタイトルを指定していない時にキーが送信されていなかった不具合を修正しました。・【修正】震度アイコンの描画位置が右と下に1ピクセルずつ正しい位置からずれていた不具合を修正しました。・【変更】地震情報(一覧)の最新以外の地震情報において、震央地名とマグニチュードが空欄になっている情報を表示しないよう変更しました。・【変更】EEW予測震度において、地点予測震度が常に震度0になっている地点があったため、より正確に震度を表示できるよう処理を変更しました。・【変更】EEW予測震度において、特に震源地付近で局地的に大きい震度を予測している際にその震度を取得できず震度を比較的小さく表示している場合があったため、より正確に震度を表示できるよう処理を変更しました。・その他の細かい修正 ダウンロードはこちらのサイトの「Download」メニューより行えます。

「Kiwi Monitor」Version1.3.0を公開

2019-02-24に「Kiwi Monitor」のVersion1.3.0を公開しました。このバージョンでは以下の追加と変更、修正を行いました。・【追加】設定の[基本]タブに「強震モニタサーバを利用して時刻補正する」チェックを追加しました(デフォルトでオン、従来バージョンはチェックオン時に相当)。時計補正ソフトを入れてるなど、パソコンの時計が常にほぼ正しい場合はチェックを外しても影響ありません。チェックを外すと強震モニタサーバへのアクセス数が減るので、サーバ負荷軽減に貢献できるかもしれません。・【追加】設定の[表示]→[メイン]タブに「強震震度の項目を常に表示する」チェックを追加しました(デフォルトでオン、従来バージョンはチェックオン時に相当)。チェックを外すと、メイン画面左上の強震震度の項目が地震検出時以外は非表示になります。・【追加】設定の[表示]→[サブ]タブに「地震情報の全面に震度別背景色を採用する」チェックを追加しました(デフォルトでオン、従来バージョンはチェックオン時に相当)。・【追加】地点設定に市区町村検索を追加しました。市区町村を選択して検索ボタンを押すと、その自治体の市役所や町役場から最も近い強震観測点を選択します。例えば自宅から最寄りの観測点が分からないときにご利用ください。・【変更】強震モニタ画像関連のデータ取得の処理を変更しました。これにより、地震発生時に画像がしばらく取得できなくなる問題の若干の改善が見込まれます。・【変更】地点設定(ピンポイント震度表示地点設定)を[表示]タブから[基本]タブに変更しました。・【変更】NTPサーバを利用して時刻補正する間隔を短く変更しました。・【変更】強震モニタ時刻などの表示色を若干変更しました。・【変更】P波の表示色を(0,200,255)から(0,160,255)に変更しました。・【変更】S波の表示色を(255,110,150)から(255,80,120)に変更しました。・【変更】表示していないウィンドウの画像描画をしないよう変更しました。・【変更】設定ウィンドウ下部にバージョン情報を表示するように変更しました。・【変更】設定ファイルのパスをconfigPath.txtに出力するように変更しました。・【変更】地震非検出状態になったあとも検出状態を維持する時間を5秒から10秒に変更しました。・【変更】2月21日に発生した胆振地方中東部の地震の震央付近でより正確なEEW予測震度を表示できるよう検出処理を変更しました。・【修正】EEWの通知設定において、地震発生時刻に区切り文字が入っていなかった不具合を修正しました。・その他の細かい修正ダウンロードはこちらのサイトの「Download」メニューより行えます。

「Kiwi Monitor」Version1.2.0を公開

2018年12月9日に「Kiwi Monitor」のVersion1.2.0を公開しました。今バージョンでは、ピンポイント震度表示地点を選択する際に、経緯度を指定するとそこから最も近い距離の観測点を自動的に選出できるようになりました。例えば、現在このソフトウェアでは北海道札幌市中心部から最寄りの観測点を検索しようと「北海道 札幌」などと検索しても何もヒットしませんが、経緯度で札幌市のある地点の経緯度(札幌駅:北緯43.068611度, 東経141.350778度 など)を入力して検索すると、最寄りの地点が江別市の江別観測点であることが分かります。なお、経緯度の指定は小数点以下0桁~6桁に対応しています。さらに、今バージョンでは震度配色を変更しました。2018年4月に改定された「カラーユニバーサルデザイン推奨配色セット ver.4」に準拠し、より様々な人に使いやすくなりました(なお、これまでのKiwi Monitorの震度配色は「カラーユニバーサルデザイン推奨配色セット ver.3」に準拠していました)。今後、この震度配色を「Kiwi Monitor カラースキーム」と呼ぶこととします。それぞれのRGB値を公開しますので、もしこの配色を使いたい場合は参考にして頂ければと思います。なお、この配色や呼称は2018年12月9日現在であり、今後変更する可能性があります。「Kiwi Monitor カラースキーム」RGB値一覧(2018年12月9日現在)震度1:グレー(132, 145, 158)震度2:青(0, 90, 255)震度3:緑(3, 175, 122)震度4:オレンジ(246, 170, 0)震度5弱:薄い茶色(187, 117, 0)震度5強:茶色(128, 64, 0)震度6弱:ピンク(255, 128, 180)震度6強:赤(255, 75, 0)震度7:紫(153, 0, 153)薄い茶色については「カラーユニバーサルデザイン推奨配色セット ver.4」にはなく独自に色を作っています。また、ピンクについては「カラーユニバーサルデザイン推奨配色セット ver.4」のピンクより青みを強くしていて、赤との区別をつきやすくしています。(画像)「Kiwi Monitor カラースキーム」

「Kiwi Monitor」Version1.1.2を公開

2018年10月11日に「Kiwi Monitor」のVersion1.1.2を公開しました。このバージョンでは以下の修正と変更を行いました。・【修正】「EEW予測震度+地震情報(概要)」を表示しているとき、新しい情報が受信できなくなる、またはソフトが異常終了する不具合を修正しました。・【修正】「地震情報(一覧)」を表示しているとき、新しい情報が受信できなくなる、または「情報を受信していません」と表示される不具合を修正しました。・【変更】サブ画面の表示画像設定の『地震情報表示時もEEWを優先表示する』チェックについて、より内容を分かりやすくするため『EEWを受信したときは強制的に「EEW予測震度」を表示する』に名前を変更しました。なお、変更したのは名前のみでありソフトの動作に変更はありません。・その他の細かい修正10月9日ごろ、本ソフトで地震情報の取得先として利用しているYahoo!天気・災害のサイト(typhoon.yahoo.co.jp)において、セキュリティ強化が行われました。詳細:https://security.yahoo.co.jp/news/tls12.htmlWindows 7 や Windows 8.1 などの環境ではこのセキュリティ強化に対応していなかったため、サイトにアクセスして情報を得ることが出来なくなりました。このため、本ソフトで地震情報を表示しようとした際に情報を取得できなくなる、あるいはソフトが異常終了するなどの現象が発生しました。今バージョンではこのセキュリティ強化に対応したため、正常に情報を取得できるようになっています。ダウンロードはこちらのサイトの「Download」メニューより行えます。

「Kiwi Monitor」Version1.0.3, Version1.0.3aを公開

2018年7月2日に「Kiwi Monitor」のVersion1.0.3, Version1.0.3aを公開しました。きょう昼頃にYahoo Japanさんの地震情報ページのデザインが変更され、それに伴いKiwi Monitorでは全ユーザにおいてエラーが表示されソフトウェアが起動できなくなるという不具合が発生しました。利用者の方にはご迷惑をおかけしました。申し訳ありません。Version1.0.3では以下の修正と変更、削除を行いました。・【修正】Yahoo!地震情報ページのデザイン変更によりKiwi Monitorがエラーになり起動できない不具合を修正しました。・【修正】キー送信の「最終報受信時にキーを送信する」「第n報を問わずキーを送信する」において、試験送信ボタンを押しても試験送信されない不具合を修正しました。・【修正】強震観測の音声設定において、設定ボックスの値が空になることがある不具合を修正しました。・【変更】画面設定の「ウィンドウを閉じているときは開きなおす」チェックをすべてデフォルトでオフに変更しました。・【変更】画面/音声/通知設定の地震情報の「遠地地震等も操作/再生/通知する」チェックをすべてデフォルトでオフに変更しました。・【削除】Yahoo!地震情報ページのデザイン変更に伴い、地震情報の通知設定の書式設定コードのうち情報発表時刻コードを削除しました。・その他の細かい修正と変更また、Version1.0.3aでは以下の修正と変更、削除を行いました。・【修正】サブ画面を「EEW予測震度+地震情報(概要)」に設定するとソフトが終了する不具合を修正しました。・【修正】サブ画面を「地震情報(一覧)」に設定すると常に「地震情報を受信していません」と表示される不具合を修正しました。ダウンロードはこちらのサイトの「Download」メニューより行えます。